ブログ

2012年11月2日

明日11月3日(土)〜4日(日)の二日間開催される「桃ヶ池長屋・秋むすび」に

Wayou Sewing Studioも参加させていただきます。

1日目の明日、3日(土)は、鍋つかみのワークショップと生地の販売をいたします。

お持ちする生地のひとつは、秋らしいrandom dotのローン。

11021

柔らかな風合いで、ギャザーをたっぷり寄せたブラウスやチェニックにもぴったりです。

綿100% ¥1,260/m

(*50センチ単位の販売になります)

11022

グレー

11023

ブラウン

11024

ネイビー

11025

ブラック

そして柔らかな色調のウールドット

11026

表に少し起毛がかかっていて、肌触りもやさしい感じです。

スカートやジャケット、バックなどにいかがでしょうか?

ウール70%、エステル25%、ナイロン3%、アクリル2%

¥2,980/m(*50センチ単位の販売になります)

11027

ベージュ×イエロー

11028

イエロー×ベージュ

11029

グレー×オフホワイト

ページトップに戻る

 

2012年5月7日

05071

Wayou Sewing Studioのオリジナルボーダー生地でポンチョを作ってみました。

肩を「わ」にして裁断しているので、縫うところもあまりありません。

05072

オリジナルはこちら

「かんたんに作れる、一年中のはおりもの」月居良子著 文化出版局

05073

袖口が大きく開いているので、風も通り涼しそうです。

0507405075

トップがふんわりしているので、合わせるボトムはボリュームを押さえると

バランスがとれてすっきり見えるかもしれません。

05076

襟元は見返しとバイアステープで処理します。

縫う事自体はそんなに難しくありませんが、

ボーダーの模様を合わせるために

裁断を慎重にするのがポイントになります。

05077

縫い代を始末する時に、線をあわせたつもりがずれずれに・・・

そんな時はミシンの押さえの圧力を調整するか、

予めずれている分、横糸1本分くらいを最初からずらして合わせると・・・

05078

このようになんとなく模様が合ってくれます。

05079

脇の縫い合わせも、ピタッと合うと気持ちいいですね。

「丁寧にとにかく1枚縫ってみたい!」という方にお勧めです。

——————————————————————-

使用した生地)1.4メートル(巾/約110センチ)

価格)1M/@2,680

成分)リネン83% コットン17%

*他に色違いがありますが、柄によって成分が異なります。

ページトップに戻る

 

2011年5月18日

051811

点と線模様製作所のbird gardenでAラインのワンピースを作ってみました。

bird gardenは制作者の岡 理恵子さんが

夜の森から聞こえた鳥の声を題材に作った模様です。

このブルーグリーンがなかなか他では見ない色で、私も大好きな生地です。

生地はしっかりしたオックスと薄手でやわらかなローンの2種類ありますが、

初夏なのでローンで風に揺れるワンピースを作ってみました。

パターンは「ソーイングpochee vol9」のふんわりAラインワンピースを使用。

前回はホラグチカヨさんのテキスタイルでつくってみましたが、

生地が変わるとやはり雰囲気が全くちがいます。

05182

胸元は大きく開いていて、女性らしい印象です。

ラグランスリーブで、パーツは前後身頃と袖の4枚のみなので、

初心者の方にも作りやすい服だと思います。

フリーサイズですが、袖周りがたっぷりはしていないので、

作る場合はご試着をお勧めいたします。

使用生地

巾110センチ

綿100%

1m/¥3,360-

*制作には2.5メートル使用しました。

ページトップに戻る

 

2011年4月19日

04195

春先になると、店頭にピンク服を飾りたくなります。

昨年はでノースリーブのワンピースでしたが、

今年はechinoの新柄、woodlandのピンクで作ってみました。

パターンはソーイングナチュリラvol.4からAラインワンピースです。

04196

少しゆるいVネックなので、ジッパーやボタンがなくても脱ぎ着が可能で、

身幅も広めなので、タートルのセーターを中に着ることもできます。

04197

この生地を見た時にピンクの配色がなんんとも春らしく、

心まで明るくなるような感じでした。

道を行き交う方々にも見ていただけたらと思い、店頭に飾っています。

ページトップに戻る

 

2011年3月16日

今回の地震で「北の模様帖2011 spring/summer」の開催を

岡 理恵子さんと何度かメールでやり取りをして相談をしました。

結論として「物流が動くのであれば、やりましょう」という事になり開催が確定しました。

岡さんんが北海道から送ってくれた新作の生地見本。

03161

tanpopo/イエロー

DMでは優しい感じでしたが、生地になると何か力強さを感じます。

03162

tanpopo/ブルー

さわやかな感じの色違い。

03163

wild flower/ブルー

ブラウスや子ども服にいかがでしょうか?

03164

wild flower/ベージュ

この模様、よ〜く見ると草むらを虫眼鏡でのぞいたようなユーモアがあります。

生地は縫いやすいオックスとキャンブリング。

オックスはよくワイシャツなどに使われる生地です。

キャンブリングはローンとブロードの間くらいの厚さで少し光沢があります。

岡さんのワークショップも予定通り開催いたします。

興味のある方は、なかなかない機会ですので是非、ご参加下さい。

展示販売の開催期間

期間)3月30日(水)〜4月3日(日)

時間)13:00〜19:00(日曜日は18:00まで)

岡 理恵子さんのワークショップ開催日

クラフトを使ったリースを作ります。

03072

03071

開催日時)4月2日(土)13:00〜(2時間半ほどを予定)

開催場所)Wayou Sewing Studio

大阪市中央区谷町6-2-17 TEL/FAX06-7492-0893

定員)4名(満席になりました)

参加費)3,600円

申し込み)電話かメールにてお申し込みください。

メールの場合はお名前、ご住所、ご連絡先のお記入をお願いいたします。

*当日のキャンセルはご遠慮くださいませ。

ページトップに戻る

 

2010年11月19日

chahatさんは逗子と鎌倉にある雑貨や服のお店です。

インドのカディや生地も扱っていて、他の商品と同じく直接仕入れに行かれているので

身元がはっきり分かるので安心です。

WSSでもchahatさんのインド綿を少し取り扱っています。

11191

11192

国営のクラフトショップやカディショップ、産地で仕入れたもので、

お値段も1,ooo円/M前後とお求め安くなっています。

ウールを展示するのでスペースの関係で一度さげますが、

ご覧になりたい方は、遠慮なくお声掛け下さい。

ページトップに戻る

 

2010年11月18日

11181

初心者の方から「一番簡単な服から作りたいんですが」と

言われた時にご紹介しているのが、

伊藤まさこさん著「伊藤まさこの針仕事」に掲載されているノースリーブワンピース。

ダーツもなく前身頃と後見頃と紐を縫い合わせるだけのワンピースです。

襟ぐりと袖ぐりは市販のバイアステープで処理。

パーツが少ないので行程も複雑ではなく、最初の一枚にお勧めです。

(ただ、ダーツがないので、バストの豊かな方などには不向きかもしれません)

秋冬はしっかりした生地で作ればジャンバースカートとしても着る事ができます。

落ち着いた茶系のベースにカラフルな色がかわいいechinoの生地で作ってみました。

Aラインをウエストの紐で調整して着ます。

11182

後はこんな感じです。

冬はカーディガンやコートなど上から羽織るので、意外と派手な感じはしません。

さし色にも使える一着です。

使用生地

echino ni-co bicycle

巾110センチ

綿45%、麻55%

1m/¥1,365-

*制作には2.2メートル使用しました。

ページトップに戻る

 

2010年8月12日

08121

毎日暑いですね。

9月に入っても暑さが続くようなで、夏服が活躍しそうです。

気分を明るくしてくれそうな生地でワンピースはいかがでしょうか?

きれいな配色が印象的なnaniIROのPOSTER FLEURの中から

「ハル」という名前ののついた生地でノースリーブのワンピースを作ってみました。

ダーツもないシンプルなAラインは生地の個性を引き立たせます。

08122

紐でウエストのラインを調節出来るので、初期のマタニティの方にもお勧めです。

使用生地

巾108センチ

綿85%、麻15%

1m/¥1,470-

*制作には2.2メートル使用しました。

ページトップに戻る

 

2010年6月10日

06101

「ソーイングpochee vol9」より

ふんわりAラインワンピースを作ってみました。

以前もブログで紹介したパターンのロングバージョンです。

Aラインをローウエストの位置でリボンで絞りボリュームを押さえています。

使用生地は綿ローンなので、このワンピースのように

ギャザーを寄せたりふわっとさせたいものは、ラインがきれいに出ます。

今年はリバティが流行っていますが、

綿ローンはリバティと同じ種類の生地です。

(リバティでは「タナローン」と読んでいるようです)

06102

この綿ローンの花柄は色違いで数種類ありますので、

ご来店の際は是非ご覧下さい。

使用生地

巾108センチ

綿100%

1m/¥1,180-

*制作には2.9メートル使用しました。

ページトップに戻る

 

2010年6月9日

06081

「1日でぬうワンピースとチュニック」の中から

Vネックのチュニックを作ってみました。

襟元は少し大きめのV字で、裾が広がるAライン。

襟と袖ぐりを見返しで処理するので出来上がりもきれいに仕上がります。

生地はこのラインを活かすように

柔らかく肌触りの良いリップル地を使いました。

柄は懐かしい「昭和」感じの花柄で、3色あります。

06082

イエローベースにピンク×オレンジの花柄

06083

ベージュベースにイエロー×レッドの花柄

06084

ネイビーベースにブルー×グリーンの花柄

使用生地

巾100センチ(6月9日14時訂正)

C100%

1m/¥1,260-

*制作には2.2メートル使用しました。

ページトップに戻る

 

サイトマップ免責事項

2009 wayou sewing studio ALL RIGHTS Reserved.