ブログ

2011年10月9日

10072

「通勤用のバックを作ってみたい」とご来店頂いた、Oさん。

選ばれた布は「点と線模様製作所」のmoriです。

表袋と裏袋を共布でつくりますが、

しっかりした形をつくる為に表袋に接着芯を貼ります。

接着芯はゆっくりアイロンをあててシワにならないように・・・・

地味な作業ですが、丁寧に作業されてきれいに貼れました。

10073

内袋はポケットもつけています。

最後にご持参された革の持ち手を縫い付けて完成!

スクーターで通勤されているそうで、丁度いい大きさとの事、

「毎日使います!」と仰っていました。

ページトップに戻る

 

2011年10月7日

10071

前回、エプロンを作られたMさん、

服にもチャレンジしてみたいけど、難しくないものがいいとのこと。

パーツが前スカートと後スカートの2枚だけのギャザースカートをご紹介しました。

生地はコットンとキュプラの混織で綿に比べて滑りもよい生地です。

各パーツの周囲をロックミシンで処理し、

脇、そして裾とウエストを縫い、ゴムを入れて完成です。

「意外と早くできました!」

Mさん、また作りたくなったらいつでも来て下さいね〜

ページトップに戻る

 

2011年10月6日

1006110062

二人でワークショップを受けたいとご来店頂いた、KさんとTさん。

どうしても、裁断、印付けまでがスペースが狭いため、

お二人同時にする事が出来ないので、通常のワークショップに比べて

時間がかかってしまう旨ご説明し、ご了解いただき作業に入りました。

縫製に入ってからは、それぞれが、職業用ミシンとコンピュータミシンを使い、

「どこまで進んだ?」と声をかけたり、

「あともう少し!がんばれ」とお互いに励まし合いながら作業をされていました。

綿ローンの花柄とnaniIROのダブルガーゼのボーダー柄、

生地は異なりますが、パターンは同じものを使っています。

シンプルなだけに、生地の選び方で個性が出ますね。

ページトップに戻る

 

2011年10月6日

ワークショップの作品をご紹介するのが滞っておりまして・・・

きょうから少しハイペースでアップして行きたいと思います。

09161

「洋裁をきちんとした事がないので、簡単なものから始めたい」と

ご来店いただいたMさん。

最初の作品は、四角いパーツを組み合わせるサロンエプロンンから作る事になりました。

生地は肌触りのいいリップル、色柄も元気がでるビタミンカラーを選ばれました。

09162

ポケットを作って縫い付けたり、ギャザーをよせてフリルを作り縫い合わせたりと

それぞれの箇所で、縫い方が異なりいろいろと体験出来るので

エプロンは初心者の方にお勧めです。

09163

リボンの端も三角形にしたり・・・

「細かいところ、いろいろやることあるんですね〜」とMさん。

ゆっくり時間をかけて、可愛いエプロンができあがりました。

ページトップに戻る

 

2011年9月14日

09011

「点と線模様製作所」のbird garden。

軽やかなローンでが涼しげで

ふわっとしたAラインのチュニックを見本で作ったところ、とても好評でした。

Fさんもワークショップで「是非、これを作ってみたい」と

申し込みをいただきました。

09012

薄手の生地ですが、丁寧に扱っていただいたらそんなに難しい事はありません。

どの生地も同じですが、慎重な裁断、正確な印付け、

そしてアイロン掛けの手間を惜しまなければ大丈夫です。

この服、じつは夏に仕立てられていますが、

もうすっかり「ヘビーローテーション」で、着られているとの事でした。

ページトップに戻る

 

2011年8月30日

08301

前回ご自分のワンピースを作られたYさん、今回はお母様のエプロンに挑戦です。

パターンはダブリエを選ばれました。

前身頃、後見頃の紐の結び方で印象が変わり、おしゃれも楽しめます。

このまま着丈を伸ばすと、ワンピース風にもなりますね。

08302

襟、袖ぐりともバイアステープで処理をしますが、

構造はシンプルなので初心者の方にもお勧めです。

Yさん、次回はノースリーブのワンピースに挑戦する予定です。

ページトップに戻る

 

2011年8月23日

0823208235

ご近所にお住まいのMさんとNさん。

お二人で「1 dayワークショップ対応で」と

ワークショップのリクエストをいただきました。

同じパターンで、午後の2コマが予約可能な場合に限り、

このようなリクエストに対応しています。(金額は要相談)

事前に水通しと裁断はWSSで済ませて、縫製からしていただきます。

08231

お二人とも仲良しさんですが、作業中は黙々と手を動かしています・・・

0823308234

先にNさんが完成。

襟回りもきれいに仕上がっていますね。

続いてMさんも完成。Mさん「かわいい〜」を連発し、もう自画自賛です(笑)

肌触りのいいダブルガーゼは、初秋にも活躍すると思いますので、

ぜひ、着て下さいね。

ページトップに戻る

 

2011年8月19日

0819108192

前回、初めてスカートを縫われたKさん。

その時に、「こんなワンピースでしたら、比較的早くできますよ」と

シンプルなノースリーブのワンピースをご紹介させていただきました。

着丈が短めで、ワンピースというよりはパンツやスパッツとあわせて

チュニックとして着てもよさそうです。

後日、柔らかなインド綿を選ばれて、ワークショップ2コマで作られました。

「ワンピースが2コマで出来ました!」とKさん。

ミシンにも慣れてきて、少しずつ要領が分かってきている感じでした。

9月になったら、またワークショップに来ますとの事。

お待ちしていま〜す!

ページトップに戻る

 

2011年8月4日

08041

6月に出店した阪神百貨店で

点と線模様製作所のbird gardenをお買い上げいただいたTさん、

しっかりしたトートバックが作りたいと、その場でご相談を受けました。

「接着芯をしっかり貼るか、内袋を厚手の生地にしてみては」と

提案させていただき、内袋に「かつらぎ」という厚手の生地(木綿)を

使って制作する事になりました。

08042

持ち手の挟んであるところは厚みがでますが、

職業用ミシンなので問題なくクリア。

内袋が厚みもあり、形になりやすいので、

堅さのあるしったりしたトートバックが出来上がりました。

ページトップに戻る

 

2011年8月3日

08031

ワークショップに参加される目的は十人十色。

まずは作ってみたい、楽しみたい、縫えるようになりたい・・・

Hさんは、縫えるようになりたいというお気持ちが強い方で、

毎回少しずつハードルを上げて作品を作られています。

1枚目はキャミソール、2枚目は襟なしのブラウス

3枚目の今回は襟付きのブラウスに挑戦されました。

生地は綿麻のダンガリー。

とにかく縫いやすく、縫った後も手入れが簡単なのがいいですね。

じつは、一番上のボタンホールに不具合があったのですが、

持ち前の前向き思考で「なんとか考えてみます」と持ち帰り、

後日完成させて、見せに来てくださいました。

一番上は飾りボタンにし、内側をホックで留めるように工夫していました。さすが!

次回はまたハードルを上げて、パンツに挑戦される予定です。

ページトップに戻る

 

サイトマップ免責事項

2009 wayou sewing studio ALL RIGHTS Reserved.