ブログ

2011年11月9日

11092

11月3日(木・祝)は,スウェーデンの老舗百貨店でで仕入れた生地を使って

「オーレンスの生地で作る秋のトートバック」を作りました。

今回ワークショップに初めて参加のSさん。

以前にも洋裁を習った事があるそうですが、少し時間が経っていて

久しぶりのミシンワークとの事でした。

11091

WSSで水通し表地の接着芯貼り、内袋の縫製までは済ませてあります。

まず持ち手などのパーツを先に縫っていただいてから、

表地の制作に取りかかっていただきました。

底 → 脇 → まち の順に縫い、持ち手を表袋に仮留めします。

外袋と内袋の口を縫い合わせて、事前に空けてあった内袋の脇の穴から

全体をひっくり返します。

形を整えて口にステッチをかけて、内袋の脇を閉じたら出来上がりです。

11093

今回は試作で60番の糸を使用しましたが、生地の厚さとのバランスが悪かったので

30番の糸に変更して縫っていただきました。

ページトップに戻る

 

サイトマップ免責事項

2009 wayou sewing studio ALL RIGHTS Reserved.