ブログ

2011年6月7日

06073

夏用のランチバックが作りたいとワークショップに参加された、Iさん。

生地は「点と線模様製作所」のmoriのグリーンです。

大きめの水筒をいつも持参するということで、

なるべく丈夫に作りたいとのご希望でしたので・・・

06074

表袋にも内袋にもしっかり、接着芯を貼りました。

06075

使用した内袋の布は、以前ワークショップでワンピースを作ったときの

余布を使用しました。パープルは表地のグリーンと色も合いますね。

06076

本体完成です。

さて、ここでIさんから難題が・・・(大袈裟か)

「持ち手を三つ編みにしたいんです!」

06077

ご自分で裏生地で紐を作って見本まで作ってみせてくださいました。

見本は立体的で面白いのですが、重たいものを入れた場合、

隙間があり伸びやすい可能性があります。

そこでIさんの作って来た三つ編みの見本を少し解いて

私が隙間が出来ないよう編んでみました。

写真左側が私が編んだ三つ編み、右側がIさんが編んだ三つ編みです。

二つの編み方を見て、少し悩んでおられましたが、

やはり立体的なほうがいいとの事でIさんの編み方で持ち手を作り

取り付けて完成しました。

持ち手がでこぼこして立体的になり、個性がありますね。

後日、バックの様子をお聞きしたところ、問題はなかったそうで、

「毎日つかってます!」との事でした。

ページトップに戻る

 

2011年6月7日

06071

前回のワークショップではechinoの生地で

お母様にプレゼントするバックを作られたKさん。

作ったバックは、お母様にとても気に入っていただけたとか、

「母も本当に喜んでくれて、作ったかいがありました」との事でした。

さて、今回はご自分のものをということで、

エイミー・バトラーのテキスタイルでブラウスを作りました。

しっかりしたコットンなので初心者の方にも扱いやすい生地です。06072

前身頃のタック、後見頃のスラッシュ開き、襟のバイアス処理と

制作の前半に少し手間のかかる作業がありますが、

ひとつひとつ丁寧にされて、仕上がりもきれいです。

既に何度か着られていて、周りの方の評判も上々との事。

次回はnaniIROの生地でVネックのワンピースを作られる予定です。

ページトップに戻る

 

サイトマップ免責事項

2009 wayou sewing studio ALL RIGHTS Reserved.