ブログ

2011年5月10日

WSS店主ウエヤマの

作る人に「好きな材料で、好きなように作ってもらいたい!」と

デザイナーかすみん(eno)

「自分の好きなようにバックを作りたい!」が、

合体した「世界でたったひとつのマイバック」プロジェクト。

今回は、かすみんのお友達Yさんに手作りのバックをプレゼントしたいということで、

またまた、かすみんのバック作りのお手伝いをする事になりました。

05101

バックをプレゼントするYさんは、美人で仕事もできるいわゆる「大人の女性」

でも、うさぎが大好きで、かわいらしいところもある人。

バックは「大人かわいい」を目指します。

表地は同系色でまとめ、リトアニアのペパーミントブルーのリネンと

chahatさんのブロックプリントのインド綿。

アクセントにechinoのハギレをつかって、アップリケをしました。

0510205103

内袋は前回のかすみんのバックのまちで使ったイエローベースの手染めの布で。

05105

そして持ち手はやはりロープ。

ハト目であけた穴にロープを通し、外側で結び目を作って留めました。

ふさふさがアクセントになりますね。

うさぎ好きのYさんに「tamao」のうさぎのブローチを付けて。

後日メールで「Yさん、めっちゃ喜んでくれたよ〜!」と報告をもらいました。

よかったね、かすみん!

ページトップに戻る

 

2011年5月10日

WSS店主ウエヤマの

作る人に「好きな材料で、好きなように作ってもらいたい!」と

デザイナーかすみん(eno)

「自分の好きなようにバックを作りたい!」が、

合体した「世界でたったひとつのマイバック」プロジェクト。

前回はロープの持ち手を作って、カバーを付けたところまで。

いよいよ完成です。出来上がりは、こちら!

05097

作っていたのは冬だったけど、丁度今の季節に合う春らしいさわやかなバックです。

05098

これでもか(笑)というくらい、私的にはちょっとデコラディブですが・・・

全体にやわらかな色調なので、大好きな「tamao」のブローチを付けて

味付けをした」そうな。

私もかすみんも毎回忙しい中、お互いのスケジュールを調整して作業をしましたが、

とても刺激的で楽しい時間でした。

毎回「何を言ってくるんだろう」と面白いの半分、怖いの半分でした(笑)

でも、このバック、本当にオリジナル100%です。

今、流行っているとか、

売れそうとか、

みんな持ってるとか、

褒めてもらいたいとか、

ではなくて、かすみんの「こんなの欲しい!」という純粋な欲求から生まれました。

日和らない独自性とアイデア、クリエティブというのはこういうことかと

体感した作業でした。私ではこんなバックできません・・・

出来上がって「かわいい!」「いいわ〜!」を連発していたかすみん。

どこへ行くのにも最近はこのバックを持っていき、評判も上々だそうです。

ページトップに戻る

 

2011年5月10日

WSS店主ウエヤマの

作る人に「好きな材料で、好きなように作ってもらいたい!」と

デザイナーかすみん(eno)

「自分の好きなようにバックを作りたい!」が、

合体した「世界でたったひとつのマイバック」プロジェクト。

前回はハトメをつけたところまで。

じつはこのバックとっくに出来上がっているのですが、

私が怠惰でブログにアップしていませんでした。

かすみんゴメン・・・

かすみんがセーターなど着ていて違和感があるかもしれませんが

さてさて続きを。

05093

夫に再び登場願って持ち手のロープを輪にする為にさつま加工をしてもらいます。

ここでかすみんから注文が・・・・

「解いた部分を切らないで房みたいに垂らして!」

05091

そして夫が作業している間にかすみんはというと・・・

05092

余った生地でリボンをつくっていました。

バックに付けるそうな。

05094

持ち手の加工が済んだら、以前くり抜いた生地を使って

持ち手のカバーをつくります。円にくり抜いた生地を半分に切って

05095

05096

それぞれの持ち手に包んで縫い付けていきます。

さて、次回はいよいよ完成です!

ページトップに戻る

 

サイトマップ免責事項

2009 wayou sewing studio ALL RIGHTS Reserved.