ブログ

2011年5月4日

05045

前回お孫さんのワンピースを縫われたKさん。

以前購入されたechinoの生地で、

5月1日の1 dayワークショップ「echinoで作るバック」のようなバックを

作りたいとのご希望でした。

0504605047

模様を活かして、蓋がついたバックをご提案。

作るサイズと模様とのバランスを考え少し布をカットし、

ご持参した布を内袋にして作っていただきました。

肩ひもは革を使い、カシメで留めています。

「自転車に乗るときや、ちょっと出かける時にちょうどいいです!」

次回は、ブラウスを作るご予定です。

ページトップに戻る

 

2011年5月4日

05041

4月30日(土)の1 dayワークショップは、「tannpopoのキャミソール」でした。

1 dayワークショップ常連のAさんとMさん、そして

「学校の家庭科以来の洋裁」のTさんの3人が参加して下さいました。

水通し、裁断、印付けとパーツのひもはWSSで制作済み。

脇の縫い代の倒し方から始めていただきましたが、

何しろ縫う箇所が短いので、みんなでワイワイ言っているうちに

出来上がってしまいました。

レモネードを飲んで時間も少し余ったのでくるみボタンを作る事に・・・

05042

生地からボタンにしたい場所を選んで切り取ります。

05043

布とくるみボタンのキットを合わせて力を加えて合体させて出来上がりです。

05044

模様の切り取りに個性が出ますね。

ゴムを通して髪留めに、洋服やバックにブローチのように留めてもいいですね。

みなさん、お疲れさまでした!

ページトップに戻る

 

2011年5月4日

05033

「北の模様帖2011 spring/summer」にご来店いただいて、

wild flowerをお買い上げいただいたYさん。

ノースリーブのブラウスを作ってみたいとの事で、

既製の型紙をご自分で修正して、作られました。

05034

袖ぐりもバイアステープを後に倒して処理をしますが、

「包んだ方がかわいいかも」とその場でパイピングに変更。

表から縫い目にステッチをかけて、後にまわしたバイアステープを押さえるという

難易度の高い方法にチャレンジをしましたが、見事にクリア!

上品な夏のブラウスが出来上がりました。

ページトップに戻る

 

サイトマップ免責事項

2009 wayou sewing studio ALL RIGHTS Reserved.