ブログ

2010年11月17日

11171

手前右から時計回りに、ハス、青信号、サボテン、イガイガ、リンゴ

WSSで針山を取り扱いさせていただいている大桃沙織さんが

10月末に堺で開催された「灯しびとの集い」に出展されていました。

大桃さんとは昨年の夏の初め、新潟で活動しているFさんのご紹介でお会いして、

その作品に一目惚れし、ぜひ針山を作って頂きたいとお願いしたのが始まりでした。

(その後、クラフトフェア松本や日本クラフト展入選など経歴を知り少しびびりましたが)

いつも作られているものより、実用にもなるよう大きめで、中には原毛を入れて頂くなど

WSS仕様の針山をお願いし、「出来ました」とご連絡いただいたのが今年の始めでした。

「灯しびとの集い」に参加しますとお手紙をいただいて、

お会いしたくて朝一番に伺うと、入り口すぐに出店されていて大盛況。

WSSからお嫁にいった針山のことやお客様の感想をお伝えしたり知人を紹介したり・・・

短いですが楽しくお話する事ができました。

針山はやはり人気でいろんな方々へお嫁入りしたようです。

大桃さんの作品は、手仕事をしている友人や知人を魅了するようで、

みんなお店に来ると惹き付けられるようにずーっと見入っています。

「新潟は冬が長いので、コツコツやる手仕事をする人が多いんです」と大桃さん。

一枚の金属の板をコツコツと打ち出して形にして行く作業・・・

その丁寧で繊細、そして独創的なデザインは見飽きる事がありません。

お店の小さなショーケースに少しおすまししておりますので、

よかったらぜひご覧下さい。

ページトップに戻る

 

サイトマップ免責事項

2009 wayou sewing studio ALL RIGHTS Reserved.