ブログ

2010年3月18日

お店を始める前は会社員でした。

ある日のこと、残業で遅くなって地下鉄に乗り込んで愕然としました。

その車両に乗車している人の多くが黒っぽい服を着ていて、

車両の中に色がほとんどなかったのです。しかもみんな疲れた顔をしている。

その光景を見て精神的にも肉体的にもどっと疲れてしまったのを

今でもよく覚えています。

その時の経験がトラウマになっているかはわかりませんが(笑)

意識的にきれいな色柄やニュアンスのある布を置くようにしています。

商品を買って頂かなくてもご来店頂いた方に

「わぁ〜、きれいな布」と感動して頂けただけで、お店をして良かったなと思います。

色というのは何気ないようですが、人のこころにやはり影響を及ぼすものなのです。

新年度を迎えるにあたり、何か皆さんのお役に立てる講座はないかと思い、

講師の先生を迎えて、色についてお話を伺える機会を作ってみました。

「子どもにもう少し落ち着いてほしいが、子供部屋はどんな色にしたらいいか」

「新年度から新しい仕事をするので、気分が上がるような色を身近に置きたい」

などによいヒントがきっと見つかると思います。

定員にまだ空きがありますので、気になる方は是非!

(本当は店主が一番お話を聞きたいのかも・・・)

「色とこころのお話」

開催日:3月22日(月・祝)

時 刻:14:00〜15:30

参加費:3,000円(飲み物とカステラ付き)

定 員:4名

*参加ご希望の方は店頭、メールにてお申し込み下さい。

*当日のキャンセルはご遠慮下さい。

講師:坂西やす子先生

イギリスで誕生したカラーケアシステムのオーラソーマや

心地よい空間を提案するインテリア風水の講師として、

コンサルテーションやイベントで活躍中。

色の持つ力を日常生活の中でシンプルに取り入れる事を提案している。

ページトップに戻る

 

2010年3月18日

03181

お友達への出産祝いにベビー服を作りたいとご来店頂いたWさん。

naniIROのHPにあったベビー服を作られることになり、

ご自分で型紙から引いて、完成をされました。

小さな面積に襟や袖、見返しのカーブがあり、

大人に比べてすべての曲線が小さくて急です。

「なんで子供服って、小さいのに高いんだろう?と思っていましたが、

理由が分かりました。手間は大人と同じなんですね。いやそれ以上かも・・・」

完成に近づいた時に、しみじみと話されていたのが印象的です。

ゴムを入れる等の細かい作業をご自宅でされていたので、

完成した服を店主は見ていなかったのですが、

先日わざわざご来店頂き、見せて下さいました。

周りの方にベビー服を見せられたところ、評判も上々とのお話で

あと何人かのご友人に贈られるいるご予定とか・・・

「またワークショップの予約しますね」と笑顔で帰られました。

ページトップに戻る

 

サイトマップ免責事項

2009 wayou sewing studio ALL RIGHTS Reserved.