ブログ

2010年3月8日

03084

花柄のブラウスを作った生地は3種類あります。

柄は同じなのに色調が違うだけで雰囲気がまるで違います。

私は密かに国の名前を付けています。

03085

Japan

黒地に赤系の花柄が和風チックな感じです。

03086

UK

このくすんだ茶色と花柄が、イギリスの郊外の花壇を連想させます。

03087

France

じつはワークショップで、

この生地を使ってお友達にキャミソールを作ってプレゼントされた方がいるのです。

そのお友達は確かフランスに行かれたとか・・・

このスモーキーなパープルが私もフレンチな感じがします。

巾110センチ

綿100%

1m/¥945円

*モニターによって色の見え方が異なりますのでご承知置き下さい。

ページトップに戻る

 

2010年3月8日

03082

花柄のコットン生地で

「デイリーウェア/Quo?Quo?(コアコア) 文化出版局」から

ノスタルジックなブラウスを作ってみました。

説明文には

〜小花柄のリバティプリントを、イギリスの田舎のおばあちゃんが

着ていそうなブラウスに。

ちょっとやぼったい感じがかわいいかなと思って。

ぜひカジュアルに着てほしいです。〜

作った生地はリバティープリントよりも少し硬い生地なので、

トロンとした柔らかい感じにはなりませんでしたが、

レトロ感は醸し出しています。

03083

その要素としてやぼったさを出しているのが糸の色です。

地色と同じ黒を使いましたが、赤系の花柄に黒が逆に目立っています。

柄物の場合、地色の色を選びがちですが、

実は柄に載ってしまうと浮かび上がって目立つ事が多いのです。

この柄の場合、上の写真のように意外とくすんだオレンジなどが

柄の色と馴染んで目立たないようです。

糸を選ばれる場合、糸の色見本に生地を置き、

糸を1本載せてみて浮かないかどうかを見ると

色の選択が上手にいくと思います。是非お試し下さい。

使用した生地

巾110センチ

綿100%

1m/¥945円

*制作には1.4メートル使用しました。

ページトップに戻る

 

2010年3月8日

03081

昨日はお休みを頂きましたが、おばあちゃん(義母)と義姉の

「米寿+還暦」のお祝いでした。

おばあちゃんを迎えに行くと「あんたとS子(義姉)に膝掛け編んどいたで」と

2枚の膝掛けが用意してありました。

寒がりな私と義姉への気遣いと、お祝いの席への感謝なのだと思います。

ちなみにこの毛糸、紫は私が、白は義姉が使わないからと義母にあげた毛糸。

「毛糸のままやと役に立たんけど、編んだらなんかの役に立つやろ」との事・・・

さて、お祝いも済んでご機嫌のおばあちゃん。

「いや〜、こないなお祝いしてもろうて、また長生きしてしまうわ〜」

「100歳まで長生きしてな〜」とみんなが言うとすかさず

「そないなちょびっとしか、長生きさせてもらわれへんの?」と

茶目っ気たっぷりで返しました。

こんな米寿なら私も迎えてもいいなぁと思える、楽しく穏やかなお祝いでした。

ページトップに戻る

 

サイトマップ免責事項

2009 wayou sewing studio ALL RIGHTS Reserved.