ブログ

2009年7月1日

06301

夫とトンカン内装をしていると木屑が出ます。

処理に困っていると近くの釜戸ダイニング縁のご主人に

「いらない木屑があれば、持ってらっしゃい」と

声をかけて頂きました。

こちらでは毎日、木を焼べて釜戸でご飯を炊いているのです。

お言葉に甘えて何度か木屑を引き取って頂きました。

ある日、夫と縁さんでランチを食べて帰ろうとすると、

ほっかほっかのおにぎりを頂きました。

「力仕事をするとお腹がへるでしょう。お腹がすいたら食べて下さい」

なんとも言えないあたたかい心配りに胸が熱くなりました。

ご主人もお店を始められる時に奥様と二人で内装をされたとか。

ご近所のみなさんに暖かく見守られながら、

お店の準備をすすめています。

ページトップに戻る

 

サイトマップ免責事項

2009 wayou sewing studio ALL RIGHTS Reserved.